PAGE TOP

トップページ » お知らせ » 「交通安全子供自転車広島県大会」を長期間にわたり全面支援

広島県遊技業協同組合

令和元年6月22日(土)
広島市西区 「広島市中小企業会館」

 広島県遊技業協同組合(理事長 延川章喜)は、広島県交通安全協会が主催した「第54回交通安全子供自転車広島県大会」の開催に関して長期間にわたり全面支援し、少年の健全育成に多大な貢献をしています。平成19年から毎年、協賛金として60万円を寄付するとともに延川理事長が来賓として出席しています。 本大会は、子供の交通安全と青少年の健全育成を図ることを目的に開催されており、県内16地区交通安全協会の小学校16校(16チーム・1組4人~5人) 、合計77名の児童が参加しました。大会に出場した児童が、学科テストと実技に挑み、模擬交差点、模擬信号機等の交通規則を守りながらの安全走行技術を競いました。その結果、広島県山県郡北広島町立芸北小学校が7連覇を達成し、全国大会(8/7・東京)への出場が決まりました。